未分類

育児休業給付金申請書【添付書類・厚生労働省の記入例・ハローワーク・2回目・延長・初回ダウンロード・紛失・同意書・郵送・再発行】

育児休業給付金申請書【添付書類・厚生労働省の記入例・ハローワーク・2回目・延長・初回ダウンロード・紛失・同意書・郵送・再発行】

1歳に満たないお子さんを抱える労働者は、育児休業を申請できます。

 

請求先は勤め先です。

国で認められた公的な法律なので、労働者には育児休暇をとる「権利」があります。

 

 

育児休業給付金申請書を請求された企業側は、断ることができません。

 

また、育児休業をとったことで不当な扱いもできません。

尚、女性だけでなく男性も育児休業がとりやすいです。

 

育児休業給付金申請書を提出し、認められるためには条件も必要です。

 

育児休業を取得するには、さまざまな条件があるのです。働いているからといって、誰もがとれるとは限りません。

 

例えば、退職が予定されている社員は、一歳未満のお子さんがいても育児休業給付金申請書が出せません。

 

支給の対象外だからです。

 

人事担当者も育児休業給付金申請書の仕組みについてよく理解し、申請できる社員とできない社員を区別できるようにしましょう。

 

 

育児休業給付金申請書を出す時期

 

社員は、育休をとる一カ月前には、育児休業給付金申請書を出しておくべきです。

 

人事は育児休業給付金申請書を受け取ったら、内容を精査し、問題がなければ書面で育児休業取扱書を発行します。

 

育児休業給付金申請書の厚生労働省の記入例

 

厚生労働省では、育児休業給付金申請書の記入例を出しています。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000646845.pdf

 

育児休業給付金申請書を出す時、申請書に押印する手間を省く代わりに、同意書を記載することがあります。

 

記載例はこちらです。

 

記載内容に関する確認書・申請等に関する同意書(育児休業給付金用)記載例

 

育児休業給付金申請は延長できる?

 

育児休業給付金申請で希望した期間を過ぎる場合、延長ができます。

普通なら、お子さんが1歳になるまで育児休業をとります。

 

しかし延長を希望すれば、お子さんが1歳半や、2歳になるまで延長できます。

 

それでは、延長するには2回目の手続きが必要なのでしょうか。

 

また新たに育児休業給付金申請書を書くのは面倒ですが…。

 

結論からいうと、延長するにも手続きが必要です。

2回目の手続きなので、少し面倒かもしれませんが、しなければ延長できないため必須です。

 

育児休業給付金申請書に加え、

 

  • 配偶者の育児休業取扱通知書の写し
  • 住民票の写し

 

が必要です。

 

延長しても初回で給付されていた金額と、同等の金額が振り込まれます。

 

2回目以降の育休に必要な添付書類

 

  • 育児休業給付金申請書
  • 賃金台帳
  • タイムカード

 

2回目以降は、初回の申請と比べると添付書類が少ないです。

 

従業員から延長の申し出があったら、会社はハローワークに提出し、所定の手続きを済ませます。

 

その次は社会保険の手続きです。

年金事務所で社会保険の手続きをします。

 

 

 

育児休業給付受給資格確認票の初回ダウンロードのページ

 

https://hoken.hellowork.mhlw.go.jp/assist/001000.do?screenId=001000&action=ikujiFirstLink

 

 

育児休業給付金申請書を紛失したら…

 

育児休業給付金申請書を紛失したら、再発行を依頼できます。

郵送で送ってもらえるでしょう。

終わりに

昔と比べると、今は勤務先で育児休暇がとりやすくなっています。

雇用形態は非正規雇用でも正社員でも構いません。

条件にあてはまっていて、退職予定がなければ育児休業給付金申請書を出せます。

必要に応じて2回目以降の申請で延長することもできるのは、育児に集中したいご家庭にとってはありがたいですね。

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.