未分類

見積書 テンプレート エクセル【納入場所・マイクロソフト・模型・無料・おすすめ・登録なし】

見積書 テンプレート エクセル【納入場所・マイクロソフト・模型・無料・おすすめ・登録なし】

見積書とは、取引の際によく作成される書類です。

 

取引にかかる

 

  • 金額
  • 数量
  • 期間

 

などを、前もって見積書に記して発注者側に提示します。

 

見積書は無料で提示する場合がほとんどです。

 

「見積書無料」と謳っているところは多いですね。

 

発注者側があらかじめ取引にかかる金額や期間を知っておき、本当に依頼するか判断するためにも、見積書は重要なウェイトを示します。

 

見積書を発行するのは、受注者側ですね。

 

見積書によっては、発注がキャンセルになることもあります。

 

見積書は契約前の段階なので、見積書を作成する前から契約というのはあまりないでしょう。

 

一般的には、見積書を確認後、契約締結に移ります。

 

見積書の内容によっては、予算と合わないことで契約に至らないケースもあります。

 

また、見積書にあまりに本当とは違う値段を書いても、詐欺に当たるためいけません。

 

安く見積もって受注してもらえたとしても、実際請求する金額が見積書とあまりに違うと、トラブルの原因となります。

 

見積書に含める内容とは

 

一般的に、見積書には次のような項目を載せます。

金額は絶対ですね。

 

  • タイトル
  • 依頼者の情報
  • 発行日
  • 受注者の情報
  • 受注者の印鑑
  • 金額
  • 納期までの日数(平均)
  • 商品やサービスの内容
  • 備考
  • 見積書の番号

 

ちなみに見積書の番号は、自社内で見積書を管理するための番号です。

発注者側に提示しているわけではありません。

 

見積書と発注書の違い

 

見積書と間違われやすい発注書。

 

二つは同じ書類では?と考えていたら間違いです。

見積書と発注書は違う書類です。

 

見積書に対し、依頼者側が「申し込み」の意思を表すために書く文書が発注書です。

発注書があり、ようやく契約に進めるのです。

 

見積書の次の段階が「発注書」と認識するといいでしょう。

 

見積書の役割

 

何か取引を依頼する側としては、取引にかかる金額が、総合的にどれくらいあるか

知っておきたいでしょう。

 

知らなければ不安です。

 

また、あらかじめ価格を知っておくことで、自分にとって高め、安めという判断ができます。

 

予算と照らし合わせて、依頼するのが妥当かどうかも判断ができるのです。

見積書は、このように経済的な判断基準になります。

契約するか否かの判断にも関わってくるため、重要なものです。

 

手数料や送料も含め、トータル的にいくらになるのか明瞭にするためにも、見積書があります。

 

依頼者にとって不透明で、不安になることがないように、解消する意味でも発行します。

 

 

 

見積書のテンプレートを無料ダウンロードするなら「ビジネステンプレート」

 

https://template.the-board.jp/tags/2/%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88

 

ビジネステンプレートでは、無料で見積書のエクセルテンプレートを配布しています。

 

自分で見積書を作成するのが面倒な場合は、ビジネステンプレートのフォーマットを利用してはいかがでしょう。

 

見積書作成にかかる手間が省けておすすめです。

 

シンプルで見やすい!登録なしで使える見積書テンプレート

 

misocaでは、シンプルな見積書のテンプレートを配布しています。

 

https://www.misoca.jp/misoca_template/quotation/simple.html

 

シンプルな様式だからこそ、ビジネスシーンに使いやすいでしょう。

エクセル形式でダウンロードできます。

 

見積書の納入場所の指定は必須かどうか

 

見積書の納入場所の指定は、必須ではありません。

 

データで完結する場合、納入場所をわざわざ記載することはないでしょう。

 

マイクロソフトでも見積書を提供!

 

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/template/result.aspx?id=13281

 

マイクロソフトから、エクセルのテンプレートを無料でダウンロードできます。

 

社名のロゴを入れられるのも魅力です。

 

エクセルだから、自動計算ができて金額の入力も簡単です。

 

建築模型の製作までの流れ

 

建築模型という会社では、受付から製作まで、次のような流れです。

 

 

https://www.cadya.net/%E5%BB%BA%E7%AF%89%E6%A8%A1%E5%9E%8B-%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C/

 

見積書については、ステップ3の段階です。

 

模型の仕様や予算、納期などの相談をした上で見積書を作ります。

本格的に受注となれば、打ち合わせがスタートします。

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.