未分類

お礼【英語・返信・会食・懇親会・メール・ビジネス・インターンシップ】

お礼【英語・返信・会食・懇親会・メール・ビジネス・インターンシップ】

ビジネスシーンでもプライベートでも、誰かにお礼を述べる機会は何かと多いでしょう。

 

英語でいうと「Thank you」です。

 

もちろん、凝ったお礼であればさらに表現を加えることもできますね。

 

一言でサラっとお礼をするのもいいですが、手紙に書いて送ればさらにお礼の気持ちが伝わるでしょう。

 

口頭でお礼することもありますが、正式な文書にしてお礼をしたり、電話やメールでお礼を述べることも多いはずです。

 

心のこもったお礼をすれば、相手も気持ちが良くなります。

 

お礼するのは面倒という考えの人もいるでしょうが、やはりマナーや礼儀として、お礼はしたほうが互いに気持ちいいです。

 

また、信頼関係にもつながるでしょう。

 

ビジネスシーンでも、お礼の一つ、二つを丁寧にできるかできないかで、信頼関係が変わってくるでしょう。

 

英語のお礼の表現

 

英語で「ありがとう」は「Thank you」ですが、ビジネスシーンではもう少しかしこまった言い方をしたくないですか?

 

例えば、同じThankyouを使うにしても、

 

  • Thank you for everything.(いろいろとありがとう)
  • Thank you very much.(本当にありがとう)

 

とすればさらに深みが増します。

 

また、何をしてくれてありがとうなのか、具体的に付け足すのもおすすめです。

 

漠然と「ありがとう」といわれても、相手は「何が?」となってしまうこともあるでしょう。

会食や懇親会の後に、お礼のメールを送るのもいいでしょう。

ありがとうの一言だけでは簡潔過ぎて、気持ちが伝わりにくいデメリットもあります。

 

具体的にいうならば、例えば次のような英語表現があります。

 

  • Thank you for the kind thoughts.(親切にしてくれてありがとう)
  • Thank you for the reply.(返信をありがとう)

 

お礼はインターンシップ後にも必要?

 

日本にも「インターンシップ」という制度がありますね。

 

正式に採用される前に、仕事を短期間体験してみよう!という試みです。

体験入社みたいなものです。

 

インターンシップは多くの場合短期間で、永続的ではありません。

 

インターンシップの期間が終わったら、まずはお礼のメールをしたほうがいいのでしょうか。

 

実はこれに悩むインターンシップ生も多いようです。

正社員が退社する時は当然お礼のメールをしますが、インターンシップは短期間なので、大げさにとられないか心配ですね。

 

お礼をするのが一般的なのでしょうか。

 

結論からいうと、インターンシップでもお礼は必要不可欠です。

 

インターンシップの最終日にきちんと挨拶をしましょう。

 

直接お礼をいうのはもちろん、その後にも改めてお礼をするほうが、その企業にとっても好印象です。

 

お礼は言いすぎることはありません。

 

もちろんシーンは考えるべきですが、お礼はたくさんいっても失うものはありません。

 

インターンシップは短期間であっても、企業は給料を払いますし、教える手間や負担もかかります。

 

また、インターンシップを通してさまざまな経験をさせてもらったことについても、感謝が必要ですね。

 

インターンシップでも大変なことは多いですが、最終日にはきちんとお礼が必要です。

体験できて当たり前と思わず、自分は恵まれていた、いい経験を与えてもらったと考えましょう。

 

そうすれば自然にお礼の言葉も出てくるのではないでしょうか。

 

また、お礼のメールを書いている時に、これまでのインターンシップの活動を振り返ることができ、就職活動にも有利になるのでは。

 

いずれにしても、お礼のメールを送るのはビジネスマナーの一つです。

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.