未分類

自己破産【マップ・費用・申請・デメリット・後の生活・とは・クレジットカード・住宅ローン】

 

自己破産【マップ・費用・申請・デメリット・後の生活・とは・クレジットカード・住宅ローン】

自己破産マップとは何かご存知でしょうか?

 

あまりポジティブな意味には聞こえませんが、要するに、自己破産した人の情報が確認できるサイトです。

 

かなりの個人情報ですが、グーグルマップ上で自己破産者が確認できるんですね。

とても驚きです。

 

本来なプライバシーを保護して自己破産者は出さないはずですが…。

 

今は自己破産した人もデジタルで確認できちゃう時代です。

 

ちなみに自己破産マップで公開されているのは、下記の項目です。

 

  • 自己破産した人の名前
  • 自己破産した人の住所
  • 自己破産した企業の情報
  • 自己破産の手続きをした日

 

企業や個人のプライバシーに関わる公開ですが、グーグルマップ上のピンをクリックすると、容易に自己破産者が確認できます。

 

この自己破産マップが話題になったのは、2019年3月頃のことです。

 

自分だったら自己破産なんて確認しませんが、見る人は見るのですね。

 

アクセス数はなんと1時間あたり230万にものぼっています。

 

ただ、自己破産は、15秒に一件のペースで削除申請が出ています。

やはり倫理上の問題で、自己破産マップの削除を求める人が多いのですね。

 

当然といえば当然です。

 

結局のところ、社会的な批判が高まったため、自己破産マップ自体がなくなりました。

 

従って、今は自己破産マップを確認したくてもできません。

 

そのほかに自己破産した個人や企業が確認できるwebサイトがあるかというと、そのようなサイトも削除されています。

 

同じように倫理上の問題があったためです。

 

 

自己破産の情報は個人情報ですが、官報には掲載されています。

 

これは法律上の決まりでもあるため、昔からこの慣習は続いていました。

 

だからもし自己破産の情報を確かめたい場合は、官報をみればいいのです。

 

官報を確かめれば、自己破産した人の名前や住所が出ます。

 

官報はどこで確認する?

 

自己破産した人の情報は官報で確認できるわけですが、どこに掲載されているでしょうか。

 

それは、独立行政法人国立印刷局が運営している「ネット版官報」です。

 

月額費用は1672円です。

 

自己破産の申請をするなら弁護士

 

借金を抱えて個人では返済しきれなくなったら、自己破産という道があります。

 

自己破産するなんて聞こえは悪いですが、弁護士など専門家に頼れば再生の見込みがあります。

 

何度でも無料で相談できる弁護士事務所もあるので、自己破産の申請をしてみるといいでしょう。

 

例えばこちらでは、24時間いつでも申請できます。

 

ベリーベスト法律事務所

 

https://saimu.vbest.jp/lp/liquidation_bankruptcy02/?gclid=CjwKCAjwqML6BRAHEiwAdquMnfI2x4_WehJylHIBF78lwWHeJELpdKmhmElKKO9b-xlC1VhUjQ4upBoClcMQAvD_BwE&trflg=1

 

 

借金の問題を一人で抱え込みすぎず、解決の実績が高い経験豊かな弁護士に頼ってはいかがでしょう。

 

自己破産のデメリット

 

自己破産にはメリットもあれば、デメリットもあります。

 

ここでデメリットをご紹介すると、以下のようになります。

 

住所や氏名が官報で公開される

免責決定があるまで、警備員や士業などには就けないことがある

今後5年から10年は借入ができなくなる

 

自己破産すると、俗にいうブラックリストにのります。

 

そのため一定の期間は、金融業界で融資が受けられないことがあるのです。

クレジットカードや住宅ローンも恐らく簡単に組めないでしょう。

 

終わりに

 

自己破産後の生活は、あなたの借金が免除され、生活を再生できる見通しがあります。

 

ただし、自己破産されると困るのは金融機関です。自己破産者から借金の返済がないまま破産されてしまったので、金融機関側にとっては損害なんです。

 

いわゆるブラックリストにその自己破産者の名前を記録しておき、金融業界で今後一定の期間、融資が受けられないようにします。

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.