未分類

サイニー【無料・論文・見るには・読めない・見れない・検索・使い方】

サイニー【無料・論文・見るには・読めない・検索・見れない・使い方】

サイニーという言葉を、初めて聞いた方も多いでしょう。

 

サイニーとは、国立情報学研究所が運営しているデータベースです。

サイニーを開けば、学術的な論文や雑誌を閲覧できます。

 

要するに、国内の論文を検索し、閲覧する時にサイニーは使われるのです。

 

サイニーを使って日本の論文を探す時はこちらです。

 

https://ci.nii.ac.jp/

 

検索窓にフリーワードを入れれば検索ができるでしょう。

キーワードと関連した論文が一番で出てきます。

 

論文の名前がわかれば論文名からも検索できますし、著者名や全文検索も可能です。

 

また、サイニーでは大学図書館にある本を探すのも可能です。

 

国内の博士論文も探せるでしょう。

 

もしサイニーを使って論文や大学図書を探す機会が多ければ、新規会員登録もおすすめです。

 

サイニーの新規会員登録はこちらから

 

https://register-ci.nii.ac.jp/userregist/userTypeSel.do?lang=ja

 

ログインする時はこちらです

 

https://register-ci.nii.ac.jp/auth/action/login?contentsServer=CINII

 

サイニーのidとパスワードを入れればログインできます。

 

サイニーの使い方はどうやる?

 

サイニーは、いってみれば日本の論文を探す時の最も有効で定番の手段です。

 

国立情報学研研究所でサイニーを作成しています。

 

国内に登録してある学術論文や学会の雑誌、大学の研究論文などを包括的にまとめているデータベースです。

 

学内のパソコンや、大学図書館のホームページからもサイニーが活用できるでしょう。

 

サイニーの本文を見るには定額アクセスが必要?

 

サイニーの本文は、基本的に無料で見られます。

 

しかし、見れない本文もあります。

というのも、定額契約していなければ見れない本文があるからです。

無料では読めない本文を見るには、定額アクセスに契約します。

 

定額アクセスに契約すれば、本来なら読めない本文が閲覧できます。

 

学校や図書館で定額アクセスの契約料金を支払うケースも多いのです。

施設や組織が払っていれば、お客さんはサイニーを通してあらゆる論文や雑誌の本文を閲覧可能です。

 

サイニーの使い方について、詳しいことはこちらを読むと、よりわかるでしょう。

 

http://www.osaka-shinai.ac.jp/library/pdf/CiNii.pdf

 

サイニーから本文をダウンロードするには

 

キーワードや著者名で検索すると、一覧の中にさまざまなマークがついた結果が出てくるでしょう。

 

以下のようなマークがついていれば、気軽にダウンロードして本文を読めます。

 

  • CiNii Link
  • 日経BP
  • 機関リポジトリ
  • CiNii PDF
  • 定額アクセス可能
  • CiNii PDF - オープンアクセス

 

有料マークがついていたら、有料で公開されているということです。

無料では読めないのですん。

id取得している、していないによっても料金が変わります。

J-STAGE(流通総合システム)との違いは?

 

サイニーと似たデータベースに、J-STAGEがあります。

二つの違いは何でしょうか。

 

どちらも、論文や雑誌など、学術的な記録を検索し、閲覧できるサイトです。

 

pdfなどで本文が無料で読めるものが多く、共通していることが多いのですね。

 

しかし、まったく同じ性質のものではありません。

 

まず、違いとしては運営元が違います。

 

J-STAGEは国立研究開発法人科学技術振興機構が運営しているのです。

サイニーは国立情報学研究所でしたね。

 

また、二つとのトップページにも違いがあります。

サイニーよりも、J-STAGEのほうがトップページの情報量が多いのが特徴です。

 

検索窓のほか、

 

  • アクセス数ランキング
  • 新着タイトル

 

なども表示されています。

参考情報が多いのはJ-STAGEということですね。

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.