未分類

ハザードマップ 国土交通省【重ねる・大阪・相模原市・地震の手引き・ポータルサイト・津波】

ハザードマップ 国土交通省【重ねる・大阪・相模原市・地震の手引き・ポータルサイト・津波】

最近、ハザードマップという言葉をよく耳にしませんか?

 

毎年夏や秋には、台風が増えますね。

 

台風による自然災害は、年々厳しくなっているように感じます。

 

天災は誰にも止められませんが、出来る限り早めに警戒、対策し、被害が少しでも少なくなるようにしたいものです。

 

そのためにも、ハザードマップポータルサイトができています。

 

国土交通省が運営しています。

 

ハザードマップポータルサイトはこちら

 

https://disaportal.gsi.go.jp/

 

ハザードマップポータルサイトでは、

 

  • 土砂災害
  • 洪水
  • 津波

 

の予報や被害リスクの予想を案内しています。

 

土地の成り立ちによっても、自然災害でどのような被害が出るかは違いますね。

エリアによって被害がひどいところもあれば、軽いところがあります。

 

自分が住んでいる地域はどのくらいのリスクがあるから、あらかじめハザードマップポータルサイトで確認できるのです。

 

あらかじめハザードマップポータルサイトをチェックしておけば、自然災害に備えて対策できますね。

 

対策が遅れて被害を全面的に受ける危険も防げるわけです。

 

重ねるハザードマップはこちら

 

ハザードマップがネットで確認できるのは、国土交通省のハザードマップポータルサイトだけではありません。

 

「重ねるハザードマップ」というサイトでもチェックできるでしょう。

 

 

https://disaportal.gsi.go.jp/maps/?ll=35.353216,138.735352&z=5&base=pale&vs=c1j0l0u0

 

重ねるハザードマップのトップ画面には、日本列島の地図が出ています。

 

ハザードマップを調べたい地域を選びましょう。

 

洪水や土砂災害、道路災害、津波に関する情報や警告が出てきます。

 

大阪市の水害ハザードマップ

 

大阪市では、津波などの水害事故から人々や民家を守るために、水害ハザードマップを案内しています。

 

https://www.city.osaka.lg.jp/kikikanrishitsu/page/0000299877.html

 

大阪市は有名な河川も多いです。

 

大きな河川だからこそ、自然災害の時は氾濫し、被害も大きくなるだろうと予想できます。

 

大阪の地形を考慮すると、水害には弱い傾向があるとわかります。

 

台風や津波が発生した時、河川が氾濫し、水害事故が起こる可能性は極めて高いのです。

 

水害ハザードマップでは、大雨や津波に備えて、大阪市民が前もって知っておきたい危険な区域を予想し、地図に示しています。

 

相模原市でもハザードマップを出している

 

相模原市も、台風の時に河川が氾濫し、被害が起こりやすい地域です。

 

そのため、相模原市でも大阪市のように水害ハザードマップを出しています。

 

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/bousai/1008688/1008690.html

 

水害事故で考えられるのが、床下浸水です。

 

床下浸水の危険区域についても、浸水ハザードマップで案内しています。

川の近くにお住いの方は、日ごろからよくチェックしておくといいでしょう。

 

 

 

 

地震の手引き

 

自然災害は、水害事故だけを含んでいるわけではありません。

地震もそうです。

 

いつ大地震が起こってもおかしくない時代に、私たちは生きています。

そのため、日本水道協会では、地震の手引きも出しています。

 

http://www.jwwa.or.jp/upfile/upload_file_20130325002.pdf

 

防災として、一度目を通しておきましょうね。

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.