未分類

マイクロソフトオフィス【無料・再インストール・令和・スペシャリスト・2019・価格・ダウンロード・プロダクトキー】

マイクロソフトオフィス【無料・再インストール・令和・スペシャリスト・2019・価格・ダウンロード・プロダクトキー】

マイクロソフトオフィスといえば、エクセルやワード、パワーポイントが使えるソフトですね。

 

マイクロソフトオフィスがデフォルトでパソコンにインストールされていればいいですが、なければ別途ダウンロードが必要です。

 

マイクロソフトオフィスは有料というイメージがありませんか?

 

実は無料で提供しているのです!

 

マイクロソフトオフィスは基本的に無料

 

マイクロソフトオフィスは、windowsに標準装備されているとは限りません。

windows10を購入しても、標準装備ではない場合があるのです。

 

マイクロソフトオフィスを提供しているのはマイクロソフトです。

しかもウェブブラウザ版の無料サービスなので、マイクロソフトのアカウントを持っていれば無料で使えます。

 

ただ、デスクトップ版は機能に制限があるので注意しましょう。

 

ワードでマクロ実行ができず、エクセルでグラフ作成する場合、領域が制限される場合があります。

 

マイクロソフトのアカウントを持っていないなら、まずはマイクロソフトアカウントを

新規で登録しましょう。

 

マイクロソフトオフィス2019を再インストールする

 

マイクロソフトオフィスは、再インストールできます。

ただ、再インストールに必要なものがあります。

 

  • マイクロソフトのアカウントのパスワード
  • マイクロソフトオフィス2019のプロダクトキー

 

プロダクトキーは、「キー」というものの、パスワードのようなものです。

 

マイクロソフトオフィス2019のライセンスカードに明記されています。

 

再インストールするには、まずはマイクロソフトオフィスにアクセスしましょう。

 

サインイン画面になるため、メールアドレスを入力してパスワードを入れたらサインインボタンを押します。

 

次にプロダクトキーの画面になるため、プロダクトキーを入れて次に進みます。

 

国や言語を入力したら次へ進みます。

 

インストールしたい製品名とプロダクトキーが表示されるため、誤りはないか確かめて

「今すぐダウンロード」を押します。

 

実行したら再インストールの準備完成です。

 

マイクロソフトオフィス令和版にアップデート

 

2019年5月から新元号の「令和」になりましたね。

新たなカレンダーの始まりです。

 

マイクロソフトオフィスも、令和に合わせてバージョンアップが必要でしょう。

 

そうでなければ、元号が平成のままで表示されます…。

 

ですが、この点は安心です!

 

というのも、マイクロソフトオフィスは令和バージョンを反映し、更新が終わっているからです。

 

マイクロソフトオフィススペシャリストって何?

 

マイクロソフトオフィスのスペシャリストになりたい場合、mos検定を受けるといいでしょう。

 

mos試験では、マイクロソフトオフィスの機能についての問題が出題されます。

はじめからスペシャリストレベルの級を受験しても問題ありません。

 

マイクロソフト365の価格は?

 

マイクロソフトで提供しているサブスクリプションに、マイクロソフト365があります。

こちらは無料ではなく、有料です。

価格は毎月860円からです。

 

https://onamae-office.com/lp/04/?utm_source=google&utm_medium=adw&utm_campaign=office&utm_content=1701&waad=6whxH3uQ&gclid=Cj0KCQjwhb36BRCfARIsAKcXh6HhHJxKS7NRwPIuuyEff0PU04RMcCQ1mQ6H6EfKy1eQsL7yPCG6BCAaAvoqEALw_wcB

 

上記のサイトにいけば、マイクロソフト365のお申込みができます。

 

一年以上の長期契約をすれば、月々の価格もそれだけ安くなります。

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.