未分類

paypay マイナポイント【キャンペーン・どっち・パソコン・id・上乗せ・家族】

paypay マイナポイント【キャンペーン・どっち・パソコン・id・上乗せ・家族】

 

マイナポイントにpaypayを登録しておくのもおすすめです。

なぜかというと、チャージするたびにポイントアップするからです。

マックスで5000円分もらえますよ。

 

マイナポイントはpaypayを選ぶのもおすすめです。

 

paypayマイナポイントはこちら

 

https://paypay.ne.jp/guide/myna-point/?utm_source=gkt&utm_medium=ppc&utm_campaign=myna-point_c&utm_term=A1P1&utm_content=2_3&gclid=CjwKCAjwnef6BRAgEiwAgv8mQZPUGH7YCih-5R-_iBQoUtZFDibbm1nVKmiigw2ezjMbuzWM0piVXBoCOHUQAvD_BwE

 

paypayの加盟店であれば、お支払いに使えます。

 

もし5000円が付与されれば、2万円分チャージすることで、25000円分の買い物ができるのです。

 

マイナポイントに上乗せでポイントがつくということですね!

 

マイナポイントをもっとお得に利用するなら、ぜひpaypayのキャンペーンを利用してみませんか?

 

マイナポイントとは

 

マイナポイントは、総務省が実施しているサービスです。

 

マイナンバーカードを持っている人全員が対象です。

 

マイナンバーカードを作るには、市役所で手続きが必要です。

 

マイナンバーカードを取得すれば、マイナポイントのポイント還元が利用できるのです。

 

ただ、マイナポイントのお申込みの時、一つだけキャッシュレス決済サービスを選ぶ

仕組みになっています。

 

キャッシュレス決済の中には、

 

  • ナナコ
  • 楽天
  • waon
  • paypay

 

などがあります。

 

マイナポイントお申込みの時、paypayで登録すればお得なことが何かと多いです。

 

まず、paypayを登録しただけで、利用金額の25%が付与されます。

 

チャージ方法に関わらず、上限になるまでpaypayマネーライトにチャージされます。

 

ただし、paypayマネーライトは出金ができないので気を付けてくださいね。

 

流れとしては、下記のような手順となります。

 

  • マイナポイントにpaypayを登録
  • paypayで2万円分をチャージ
  • 合計で25000円分の支払いに使える

 

実費は20000で、5000円分はタダになるということですね。

 

自費でチャージした金額に、5000円分のポイントが上乗せになるというのが、マイナポイントのメリットです。

 

貯めたマイナポイントは、

 

  • インターネットサービス
  • 公共料金
  • 買い物

 

などの支払いで使えます。

 

paypayに対応している加盟店なら、全国どこでも使えます。

 

加盟店を調べる時はこちらです。

 

https://paypay.ne.jp/shop/

 

 

チャージ金額と支払い金額のどっちを設定する?

 

 

マイナンバーカードをマイナポイントに連携させる時、

 

  • チャージ金額
  • 支払い金額

 

のどっちの利用額に応じてマイナポイントを上乗せするか、選ぶところがあります。

 

 

どっちがいいか迷いますね。

実際、どっちがお得でしょうか。

 

 

実は、いずれにせよ2020年9月に移行のチャージ金額、支払い金額は25%分のポイントが付与されます。

 

最大5000円分が上乗せになるというサービスです。

 

だからどっちを選んでも得なんです。

どっちが損とかありません。

 

決済サービスのidがわからない時

 

スマホでマイナポイントを使うなら、マイナポイントアプリをインストールします。

 

コンビニのコピー機からもマイナポイントのお申込みができますよ。

 

ただ、決済サービスidと、セキュリティコードが必要です。

 

これがなければコンビニのコピー機から申し込みできないので、気を付けましょうね。

 

尚、パソコンからもマイナポイントのお申込みができます。

 

マイナポイントは子供でも使えます。

 

ですが、実際に子供一人でマイナポイントの管理するのは、難しそうですね。

 

そもそもマイナンバーカードがなければマイナポイントの手続きはできないため、お子さんもカードを作る必要があります。

 

もしお子さんが15歳未満でしたら、親が法定代理人となり、マイナンバーカードの申請、受け取りをしなければなりません。

 

カードが出来上がって受け取る時も、子供と親が一緒になって行きます。

 

ちなみにカード発行まで、2,3ヶ月かかることがあるので気を付けましょうね。

すぐできるようなものではありません。

 

マイナポイントのお申込みに関しても、子供が15歳以上なら、基本的に自分で申し込み、自分で管理できます。

 

ですが、15歳以上でもやむを得ない場合は親が申し込み、管理できます。

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.