未分類

基本情報技術者試験【午後・過去問・おすすめ・テキスト・午前免除・会場・合格証明書・意味ない・勉強サイト・範囲】

基本情報技術者試験【午後・過去問・おすすめ・テキスト・午前免除・会場・合格証明書・意味ない・勉強サイト・範囲】

基本情報技術者試験とは何かご存知でしょうか?

 

あまり聞きなれない試験の名前ですが、情報処理促進の法律に基づき、経済産業大臣が運営している国家試験です。

 

試験内容はITに関わることが主です。

 

ITの知識だけでなく、技能や実践的なスキルを習得している必要があります。

合格すれば、情報処理に優れた人材であり、技術もあることの証明にもなるでしょう。

 

日々パソコンを使っているからといって、基本情報技術者試験にすんなり受かるとは限りません。

 

基本情報技術者試験は国家資格で難易度も高いです。

実践的な技能も求められるため、勉強量はそれなりに必要でしょう。

 

今後ますますIT化が進むと考えられるため、基本情報技術者試験に合格し、資格を持っていれば社会でも役立つはずです。

 

意味ないと思って諦めるのは早いです。

基本情報技術者試験の合格証明書は、きっと今後役に立ちます!

 

システムエンジニアを目指している人にとっても、基本情報技術者試験の合格は将来有利になるでしょう。

 

基本情報技術者試験の公式サイトはこちら

 

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

 

 

基本情報技術者試験の受験条件や日程、会場、試験範囲について知りたいなら、上記の公式ホームページを確認しましょう。

 

ちなみに基本情報技術者試験の受験対象者は、年齢や性別、学問など問われません。

 

ITの高い技能と知識を持った人が受験できます。

 

基本情報技術者試験には午前の部と午後の部がある?

 

基本情報技術者試験は、午前と午後で問題が違います。

 

問題形式が違うため、午前と午後両方の対策が必要です。

 

 

午前の問題は、短い時間でどれだけ多くの問題を解けるかというのが勝負です。

 

過去問を見ればわかる通り、毎年午前だけでも大量の問題が出題されています。

 

午前の問題は、全体の試験の約7割も占めているのです。

 

午前の問題の対策としては、過去問をひたすら解くことです。

問題を覚えてしまうくらい繰り返し過去問をしましょう。

 

基本情報技術者試験の午後の問題は?

 

午後は、午前の問題と同じ問題は出てきません。

いまだかつて、午前と午後で被った問題は一度も見たことありません。

 

数こなしよりも、一問一問じっくり向き合い、確実に解く姿勢がだいじです。

 

午後の問題の中には、例えば

 

  • アルゴリズム
  • プログラミング

 

などの問題が出てきます。

 

午前と比べると、より難易度がが高くて専門的な分野です。

 

対策としては、自分の苦手な分野を避けずに、繰り返し何度も同じ問題を解き、力をつけることです。

 

何度も繰り返していると答えを覚えてしまうでしょう。

暗記してしまったら、2日くらいあけて記憶が薄くなってきた頃、再度解くといい勉強になります。

 

基本情報技術者試験には午前免除の制度がある?

 

条件によっては、午前免除になる場合があります。

 

この場合にあてはまれば、午後の試験だけでよく、午前は試験を受けなくてもいいのです。

 

基本情報技術者試験の勉強サイトはこちら

 

 

基本情報技術者試験に向けて勉強するなら、過去問を繰り返し解くのもおすすめ。

 

ですが、補助的にインターネットの勉強サイトを通じ、学習するのもおすすめです。

 

例えばこちらのサイトでは、ネットで基本情報技術者試験の講座を開いています。

 

http://www.it-license.com/

 

ちなみに、過去問書を書店で入手するのもいいですが、インターネットでも無料で過去問が解ける場合があります。

 

下記を参考にするといいでしょう。

過去問が載っています。

 

https://www.fe-siken.com/fekakomon.php

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.