未分類

源泉徴収税額表【2020年と2021年の賞与・甲欄と乙欄の違いとは何か・令和2・3年はいつからで見方はどうなるのかわかりやすく・平成31年】

 

源泉徴収税額表とは何か

 

そもそも年末調整って何?と気になったなら、ぜひ国税庁のホームページで年末調整をしてみるといいですよ。

年末調整が何の目的で、どうされているかが見えてくるでしょう。会社で社員を雇っていれば、必ずといっていいほど

年に一回年末調整が必要です。パートでもアルバイトでも、正社員でも雇用形態は関係ありません。雇用形態に関係なく、

源泉徴収は必要なのです。ですから、給料の金額から一定の金額が差し引かれます。その金額は翌年戻ってきます。

これを「還付」といっています。

 

2020年と2021年の賞与・甲欄と乙欄の違いとは何か

2020年と2021年の賞与・甲欄と乙欄の違いとは何かについても、国税庁のホームページに出ています。個人事業主でも源泉徴収税額表が必要になるケースはありますが、それは個人的に取引している

会社が源泉徴収している場合のみです。源泉徴収をまったくされていない場合は、年末調整の対象になっていないということなので、

特に何かしなければならないことはありません。個人事業主の場合、もし源泉徴収されていたら、確定申告の時にどれくらい

源泉徴収され、どのくらい還付してほしいのかをしっかり申告します。そうすれば税務署から還付金が支払われるのです。

国税庁のホームページでは、年末調整だけではなく源泉徴収の概要についても記載してあるので、参考になるでしょう。

 

令和2・3年はいつからで見方はどうなるのかわかりやすく

令和2年、3年は、2020年と2021年のことです。見方はそれぞれで異なる場合があるので気をつけましょう。

源泉徴収税額表に必要な用紙についてもダウンロードができます。

甲欄と乙欄の違いについてもよくわからない場合には、国税庁のホームページを見てみるといいでしょう。

給料だけでなく賞与についても源泉徴収の対象になるかというと、なります!

賞与に対する源泉徴収税の出し方についても記載があります。国税庁のホームページでは、その算出法についても記載しているのです。

賞与と給料の場合とで、源泉徴収税額の算出法が違う点に注意しましょう。また、年末調整は毎年一定のルールに基づいてされるとは限らず、変更点が生じる場合がございます。

 

平成31年

平成31年は、年末調整に関して変更点が多い時期でした。平成31年の変更点については、国税庁のホームページを見ればどこが変わったのかわかるでしょう。とりわけ令和2年は、変更点が多く注意が必要な年でした。このように、毎年変更点が生じることが多いので気をつけましょうね。

源泉徴収税額表のテンプレートを使って作業するのもおすすめです。また、年末調整用のソフトも出ていますから、

ソフトで処理するのもいいですね。書式は国税庁の書式と違うかもしれませんが、それでもいいのです。書式が

違っても、必要事項が記載してあればいいのです。

おわりに

いかがでしたか?

源泉徴収税額表や年末調整については、ややこしくて頭が混乱するかもしれませんね。ちなみに源泉徴収税額表は支払い徴収票のことではないので気をつけましょう。

源泉徴収税額表を発行するのは会社側です。

社員が発行するわけではありません。会社は毎年一回、年末に源泉徴収税額表を発行し、翌年に社員に対して還付します。

個人事業主の場合も同じです。会社側が発行するのですね。用紙を使えば簡単に作れるため、おすすめです。インターネットで探してみると、エクセル版のひな型や記入例もたくさん出ていますから、参考になるでしょう。初めて作る際にも参考になります。

ぜひこの機会に源泉徴収税額表のひな型などもチェックしてくださいね!

[ad02]

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.