未分類

スクリーンセーバー 設定【できない・時間・パスワードによる保護・windows10・windows7・待ち時間・mac】

スクリーンセーバー 設定【できない・時間・パスワードによる保護・windows10・windows7・待ち時間・mac】

windows10、windows7、macでも、スクリーンセーバーを自分好みに設定すると、テンション上がりませんか?

 

スクリーンセーバーは、デフォルトでも壁紙の選択肢があり、選んで変更や設定ができます。

 

もしデフォルトのスクリーンセーバーで満足していれば、そのまま変更する必要はありませんね。

 

しかし、毎回同じスクリーンセーバーだと、目が飽きてしまうことってありませんか。

 

飽きた場合や、別のもっといいスクリーンセーバーを使いたい時は、選んで設定し直すのもおすすめです。

 

新鮮で、作業のモチベーションもさらにアップしそうです。

 

それでは、スクリーンセーバーの設定はどこからできるでしょうか。

 

windows10でスクリーンセーバーの設定をする方法

 

スクリーンセーバーを変更、設定したい場合は、下記の手順で操作しましょう。

 

  1. スタートメニューをクリック
  2. 歯車の設定をクリック
  3. 設定
  4. 個人用設定を選択
  5. 左から「ロック画面」を選ぶ
  6. スクリーンセーバー設定を選択
  7. 設定できるスクリーンセーバーのテーマが表示される
  8. どれか一つを選択
  9. 待ち時間ボックスに、スクリーンセーバーを開始するまでの時間を入力
  10. OKボタン

 

「プレビュー」という項目がありますが、これは、そのスクリーンセーバーを設定した場合、どのような画面、雰囲気になるか確認できるメニューです。

 

プレビューを確認し、やはりそのスクリーンセーバーは変えるというのもありです。

 

スクリーンセーバーの設定が終わったら、設定した待ち時間の長さできちんとスクリーンセーバーが起動するか、確認してくださいね。

 

例えば10分と設定したら、待ち時間10分でスクリーンセーバーが立ち上がるはずです。

 

そもそもスクリーンセーバーとは何?

 

コンピューターを長時間操作しない場合、ディスプレイを保護するために、自動アニメーションや画像を設置する機能です。

 

windowsやmacに標準装備されている機能です。

 

適宜変更もできます。

 

また、自分が撮影した写真をスクリーンセーバーに設定することも可能です。

 

windows10では、デフォルトでスクリーンセーバーという機能があります。

 

これは、windows7を10にアップグレードしても引き続き使える機能です。

 

windows10でスクリーンセーバーにパスワードを設定できる?

 

できます!

 

スクリーンセーバーから画面を復帰させる時、サインイン画面が出てきます。

 

その時パスワードを入力するようにできるのです。

 

パスワードなしの場合は、サインイン画面が出てきません。

 

その代わりに、すぐデスクトップ画面になります。

セキュリティ面を強化するなら、パスワードをかけておくほうがおすすめです。第三者に勝手にパソコンをいじられないようにするためです。

 

自分が席を外している時、誰かが侵入して勝手にコンピューターを使っていたら…と想像すると、怖くなりますね。

 

パスワードを設定していれば、そのパスワードを解かなければデスクトップにいけません。だから第三者の不正利用を防げるのです。

 

パスワードによる保護はどうやるの?

 

それでは、実際スクリーンセーバーにパスワードをかけて保護するには、どうしたらいいでしょうか。

 

 

  1. スタートボタン
  2. 設定ボタン
  3. 設定画面から「個人用設定」を選ぶ
  4. スクリーンセーバーの設定
  5. 待ち時間の欄で、スクリーンセーバーを起動させるまでの時間を設定
  6. 「再開時にログオン画面に戻る」をオンにする
  7. OK

 

これで、コンピューターを再開する時自動でサインイン画面がスクリーンセーバーに出てきます。

 

そこでパスワードを入れれば、デスクトップ画面に戻って作業再開できるということです。

-未分類

Copyright© なるほど快活クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.